クリスマスツリーの装飾を工夫しよう

毎年、冬になると街のあちこちがクリスマスモード一色になります。綺麗に装飾され、見ているだけで気分が上がって、大人でも嬉しくなります。また、家庭でもクリスマスツリーに飾りつけをして、お祝いする方がほとんどでしょう。それを楽しみにしている子供たちもたくさんいるはずです。最近では、100円ショップにさまざまな装飾品が売っています。ミニツリーなどもおいてあり、玄関先にちょこっと置くだけでオシャレになります。100円とは考えられないクオリティの高さで、種類も豊富な為、目移りしてしまいます。クリスマスツリーと聞くと大きな物を想像しがちですが、小さい物でも十分楽しめます。装飾品を工夫して、飾りつけの過程を楽しみながら、自分だけのオリジナルを作ってみてはいかがでしょうか。お子さんのいる家庭などはきっと素敵なツリーになることでしょう。

一軒家におけるクリスマスの電飾の装飾

日本も平和なのだなと感じる一コマとして、クリスマス時期のイルミネーションです。やっぱり年末のこの時期は、一年に一度、最も華やぐ時期でもあります。11月初め位に、どこの商業施設やその周辺など、クリスマスのイルミネーションの点灯式などを、イベントとして大々的に行っています。空気も澄みきって、とてもキレイだし、一年の締めくくりとしても、ツリーの電飾は、心がほっと和みます。最近、時を同じにして、目にするものが、まとまった住宅街の一画などで見かける、一軒家における電飾の装飾です。屋根に沿ってイルミネーションを付けるご家庭だったり家自体をプレゼントの箱とみなして、リボンなどを電気でキラキラ作って飾ったり、ツリーに見立てた庭木を電飾であしらったり、それぞれオリジナリティがありますが、そんな家は、なぜかまとまって隣近所も申し合わせた様に飾られていて、楽しいです。

クリスマス時期の舗道のイルミネーションの装飾

クリスマス時期、駅周辺や商業施設の周りなどは、華やかにイルミネーションが演出されて、とてもキレイなストリートが出現します。駅前などは、その自治体の奉仕であったりもするのですが、パリのシャンゼリゼとまではいかなくとも、仕事帰りなどからの家までの帰り道、その道を歩くと何故か気持ちがほっこりして、暖かい気分になってしまいます。まさにこれが、マッチ売りの少女現象かも知れません。デパートや路面店などが立ち並ぶ元々華やかなショッピングストリートなども、プレゼント選びに足を運ぶ消費者を狙って、イルミネーションの装飾で、もっと素敵でドラマチックな通りに演出してくれます。こちらは暖かい気持ちと言うよりは、何か未知なるキラキラした輝きの中を歩いて行く様な、甘くて華やかな気持ちです。クリスマス位、恋人にプレゼントを奮発しようとか、定番デートを脱出してディナーにしよう等、都会のイルミネーションはそんな前向きな気持ちにさせてくれます。